特掃屋クリーンマイスター(株式会社Cleaners(クリーナーズ))

特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))0120-213-813
特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))お問い合わせ
お問い合わせ

コラム

ゴミ屋敷住人の多くは女性!手遅れにならないうちに片付けましょう

ゴミ屋敷の中で本を読む女性
ゴミ屋敷の住人は、男性よりも女性のほうが多いといわれています。
はっきりとした統計があるわけではないのですが、清掃を依頼する人の60~70%は女性ではないかと感じている業者もあるようです。

ゴミ屋敷の片付けは、できるだけ早くやるに越したことはありません。
この記事では、女性がゴミをため込んでしまう原因を探るとともに、ゴミ屋敷に潜む大きなリスクや、女性が頼みやすい清掃業者についてご紹介しています。
 

ごく普通の女性がゴミ屋敷の住人に

ゴミ屋敷に住む女性
ゴミ屋敷や汚部屋は最近、テレビでもよく取り上げられているので、ご存じの方はたくさんいらっしゃると思います。
コンビニ袋やダンボールが、床が見えなくなるほどに放置され、ひどくなるとそれらが天井近くまで積み上げられている映像は強烈です。

しかし、テレビからはなかなか伝わらないのがその臭いです。
生ゴミ、プラスチックゴミ問わず放置されるゴミからは、悪臭が放たれるだけでは済みません。
そこには得体の知れない生物の姿もあります。
このようなゴミ屋敷や汚部屋の主は、冒頭でも触れたとおり、女性が多いと聞きます。
それも怠け者とはほど遠い、定職に就いているごく普通の女性たちなのです。

それにしてもなぜ、そんな女性たちの住む部屋が、手もつけられないほどのゴミ屋敷や汚部屋になってしまうのでしょうか。
 
 

ゴミ屋敷の住人はなぜ女性に多いのか

ゴミ屋敷に住む女性
ゴミ屋敷の住人にごく普通の女性が多いことに、何かわけでもあるのでしょうか。少し調べてみると、そこには「女性だから」ということだけでは片付けられない事情もあるようです。
 

■多忙

あまりにも仕事が忙しいために片付けられないという女性は多いようです。
まじめだからこそ、残業もいとわずに朝からしっかり働き、家に帰ると疲れ果て、晩の食事もお弁当やカップラーメンになってしまいます。
そして、ゴミを分別する時間もとれずに眠りについて翌朝出勤…となると、コンビニやスーパーの袋につっこまれただけのゴミもたまっていくというものです。
不規則なシフトで働く女性も、このような生活サイクルに陥り、ゴミをため込んでしまう傾向があります。
 

■ストレス

仕事など、さまざまな要因で誰もがストレスを感じます。
私たちはみんな、ストレスを解消するため、食べ歩きに出かけたり、旅行に出かけたりしますが、女性に多いのがストレスを買い物へとぶつけるパターンです。
ストレスにより、片っ端から欲しい物を買ってしまう女性は、結局、それだけで満足してしまいます。
あとに残るのは、部屋に放置される「物」なのです。
これには身に覚えのあるという女性もいらっしゃるのではないでしょうか。
 

■捨てられない性格

物を大切にする人は、年代を問わずたくさんいらっしゃいます。
物を大切にすることはもちろん大事なことなのですが、ここに「捨てられない」という気持ちがありすぎると厄介なことになりがちです。
特に「いつか使う」と考えてしまう人は多いものですが、これまでにその「いつか」が来たことがあるかどうか、冷静に考えるべきでしょう。
捨てられない性格は、ゴミ屋敷を生む原因です。
 

■地域のゴミ出しルールの影響

ご自身に非があるというよりは、環境的なことが影響してゴミを出せなくなってしまう人もいるようです。
たとえば、新居に引っ越した際に、その地域のゴミ出しルールが細かすぎてゴミが捨てられなくなってしまったという主婦もいます。
また、過去に分別の方法で注意されて、それ以降、ゴミを出すのが怖くなってしまい、ゴミをため込んでしまったという女性もいるようです。
 
 

片付けられない女性が住むゴミ屋敷にはこんなリスクが

ゴミ屋敷の悪臭・害虫発生のイラスト
ゴミ屋敷や汚部屋に住んでいる女性たちは、「これではいけない」と思いながらも現状を受け入れるかのように生活しています。しかし、片付けられない女性が住むゴミ屋敷には、当人以外にも被害を及ぼすリスクがあります。
 

■ネズミや害虫が発生

積み上げられたゴミの中には、お弁当やお菓子の食べ残しがたくさん含まれています。
これを目当てに集まってくるのがネズミなどの小動物や、ゴキブリを筆頭とする害虫です。
ネズミやゴキブリは不衛生な場所を好んで生活するうえ、移動するため、病原菌を媒介する可能性もあります。
 

■悪臭

お弁当の食べ残しが放置されていれば、当然、それは腐ります。
積み重ねられたゴミから漂う強烈な悪臭。
ゴミ屋敷の住人は、臭いに慣れてしまっているのか、麻痺してしまっているのかはわかりませんが、周囲の人にとってこの悪臭はテロ以外の何物でもありません。
 

■火事

悪臭にも無頓着になってしまうゴミ屋敷の住人は、ゴミをため込んでしまうことの危険にも無頓着になりがちです。
これはとても危険なことです。
もしもため込んだゴミに引火したらどうなるでしょうか?「火は使わないから」と安心している女性は要注意です。
ホコリがたまったプラグやコンセントから発火するトラッキング現象による火災は、ゴミ屋敷の大きなリスクです。
ゴミ屋敷のゴミが出火元となった火災は実際に発生しています。
 

■隣近所への影響

ここまでご紹介したゴミ屋敷のリスクは、すべて隣近所に住む人たちに影響します。
ネズミやゴキブリが家の中だけに留まるはずがありません。
ご近所さんの敷地内にもネズミやゴキブリが駆け回るようになり、多大な迷惑をかけることになるでしょう。
積み重ねられたゴミから出る悪臭は、当然ながら外にも漂い、ご近所に不快な思いをさせることになります。
 

■健康被害など

ゴミがため込まれ、ネズミやゴキブリとともに暮らす環境が衛生的なわけがありません。
ゴミ屋敷ではカビもどんどん繁殖していきます。
これらは健康に対する大きなリスクです。
 
 

ゴミ屋敷を見られるのが恥ずかしいと感じる女性へ

ゴミ屋敷に困る女性のイラスト
ゴミを片付けたくても片付けられない女性にとって、片付けサービスを依頼する際のハードルのひとつが、男性に部屋を見られることです。
自力で片付けるには時すでに遅し…という状態なので、業者に作業してもらわなければどうにもなりません。
しかし、そんなときでもご安心ください。
 

女性スタッフがゴミ屋敷の清掃を行っている業者もある

男性にはこんな汚部屋を絶対に見られたくない。
女性なら誰もがそういう気持ちになると思います。
清掃業者の中には、ゴミ屋敷や汚部屋の片付けを女性スタッフだけで行っている業者もあるので、このような業者に依頼すれば、恥ずかしい思いをすることはありません。
 
 

特掃屋クリーンマイスターは女性スタッフ対応可能!

クリーンマイスターのゴミ屋敷清掃スタッフ悩まずにまずはご相談を

特掃屋クリーンマイスターでは、依頼者様に安心していただけるクオリティの高いサービスを、できるだけリーズナブルな料金で提供しています。
女性スタッフならではの、女性の心に寄り添ったサービスで、お悩みを解決に導きます。
ゴミ屋敷の片付けを決心したら、まずは特掃屋クリーンマイスターまで、お気軽にご相談ください。
 

特掃屋クリーンマイスターのゴミ屋敷の片付け・清掃の流れ

1お問い合わせ

  • 現場住所、氏名、連絡先
  • 現調日時の確認
  • 亡くなられた場所死後何日経過しているか

※詳しく状況を聞くことがございます。


2お見積り

  • 現地にて発生箇所の調査(体液の浸透状況や害虫駆除)
  • 近隣への臭い漏れやお荷物量などを確認
    ※電気・水道・ガスの支給をお願いしております。
  • 作業日、保険関連、お見積金額(即日お渡し)の提示、その他お客様のご要望等の確認

※↑お問い合わせの時点で確認できます。


3作業当日

  • お部屋の鍵の受け取りを行わせていただきます。
  • 作業時、お客様の立ち合いは不要です。
  • 近隣への配慮、秘密厳守にて作業致します。

4作業終了後

  • お客様ご確認の上料金をお支払い頂きます。
    ※立ち会えない場合はお写真にてご報告致します。
  • 支払い方法:現金・クレジットカード決済・銀行振込・その他
  • お預かりした鍵の返却を致します。

※弊社はお客様が納得した上で業務完了とさせていただいております。

 
長い時間をかけて溜まった汚れを、特掃屋クリーンマイスターでは即日対応いたします。
ゴミの分別だけでなく不用品の回収もまとめてご依頼可能!
専門業者ならではのスピーディーさで、自力では出来ない「一気に片付ける」が可能です!
 
 

まとめ

ゴミ屋敷や汚部屋の主の多くは女性です。
現在は生活に支障がなくても、今後、体や心を病んでしまうかもしれません。
ゴミ屋敷の存在は、隣近所にとって迷惑であることも忘れてはいけません。
いつか必ずゴミ屋敷をきれいにしなければならないときが来ます。
特掃屋クリーンマイスターは、ゴミ屋敷を片付けられずにお悩みのあなたの味方です。

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県に駆けつけます!
遺体現場処理、遺品整理、ゴミ屋敷(ごみ部屋)でお困りなら、ご依頼ください!