特掃屋クリーンマイスター(株式会社Cleaners(クリーナーズ))

特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))0120-123-099
特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))お問い合わせ
お問い合わせ

コラム

ゴミ屋敷・ゴミ部屋の清掃・片付けは業者にお任せ

近年テレビや雑誌で「ゴミ屋敷」が取り上げられることも増えてきました。
ゴミ屋敷がニュースで取り上げられたり、清掃や片付けを業者が行う企画などを見たことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。
ゴミ屋敷とはゴミが溜まってしまった状態のお家のことをいいますが、他にも「ゴミ部屋」「汚部屋」などとも呼ばれています。
一度ゴミ屋敷となってしまうと「ゴミ屋敷を掃除したい」「ゴミ屋敷を片付けたい」と思っても実際なかなか自力では難しいものです。
もし自力で掃除するのが困難な状態の場合、ゴミ屋敷・ゴミ部屋・汚部屋などの清掃を行っているプロの業者に依頼するのが良いでしょう。
今回のコラムは「ゴミ屋敷」に関するテーマでご紹介していきたいと思います。

目次

そもそも「ゴミ屋敷」「ゴミ部屋」「汚部屋」とはどんな状態?

冒頭でも述べた通り、「ゴミ屋敷」以外にも「ゴミ部屋」「汚部屋」などという呼ばれ方もします。
どれもお家の中にゴミが溜まってしまっている状態は共通ですが、ハッキリした定義がなく、若干ニュアンスが異なります。
「ゴミ屋敷」「ゴミ部屋」「汚部屋」の違いをご紹介します。
 

ゴミ屋敷


「ゴミ屋敷」とは写真のようにゴミが外まで野積みの状態で放置され、部屋だけでなく家全体がゴミで埋まっている住居のことをいいます。
ニュースなどでよく取り上げられているのはこの状態が多いかと思います。
ゴミ屋敷になってしまう原因として、ゴミが捨てられない、掃除や片付けができないことはもちろん、近隣のゴミ集積所からもゴミを運び、溜め込んでしまうケースが多いのです。
 

ゴミ部屋


「ゴミ部屋」はゴミ屋敷同様、お部屋がゴミで埋まっていることは共通していますが、ゴミ部屋は外からはゴミが溜まっている様子が確認できない点にあります。
近年こういった外からは確認できないゴミ部屋が一軒家だけなく、マンションやアパートにも増えているのです。
玄関のドアを開けた途端ゴミが山積みになっていて足の踏み場もないという状態であったりします。
ゴミ部屋になってしまう原因として食べ終わったお弁当の容器や飲み終わったペットボトルなどを片付けられずにそのまま放置してしまっている方が多いです。
 

汚部屋


「汚部屋」は「おべや」または「おべや」と読み、「汚い部屋」と「お部屋」が合わさってできた言葉であり、ほとんどゴミ部屋と同じような形で使用されています。
「汚部屋女子」なんていう言葉も耳にしたことがあるのではないでしょうか。
テレビでは若い女性の汚部屋を業者が掃除する番組なども目にします。
それほど女性にも掃除や片付けができない方が増えているのです。
写真のように不要な物が捨てられない、洗濯した服をたためない、着た服を洗濯しないで放置するなどで部屋に物が溜まってしまう方も多いです。

 

なぜゴミ屋敷やゴミ部屋が生まれてしまうのか?

ゴミ箱と大量のゴミ
普段から掃除や片付けを習慣的に行っている方には馴染みのないケースに感じるかもしれませんが、ゴミ屋敷やゴミ部屋の発生は社会的な問題としてたびたび取り上げられます。
溜まったゴミの掃除をしないと自分だけでなく周囲の環境にも悪影響を及ぼしてしまうので、「最近部屋の掃除ができていない」と感じる方は注意しましょう。
以下では、ゴミ屋敷やゴミ部屋が発生する理由、物を片付けが苦手だという人の背景をお話ししていきます。
 

ゴミを溜めることで精神的な孤独感を埋めてしまう

肉親とのつながりが薄い、あるいは天涯孤独の身の方に多く見られますが、掃除や片付けをせずゴミ部屋と化すことで寂しい気持ちを紛らわすのも、ゴミが溜まっていく原因に挙げられます。
長年一緒にいた配偶者が他界して部屋が寂しく感じてしまうことで、思い出の品を片付けることに気持ちの整理がつかず、ゴミ部屋になってしまいやすいわけです。
付き合いのある友人がいない、近隣住民との交流も希薄など、社会的なつながりが薄い場合も掃除や片付けを怠るケースに陥りやすくなるため注意するべきでしょう。
 

溜まったゴミの処理方法が分からない

生ごみや資源ゴミの回収日は曜日ごとで決められているため、掃除や片付けをする際はきちんと分別して行うものです。
しかし、ゴミを溜めがちな人はゴミ袋に何でも詰め込んでしまったり、決められた曜日にゴミを出せないなどの特徴を持っていることも珍しくありません。
ただ単に「清掃やゴミ出しが面倒くさい」と感じる方もいますが、仕事が忙しいあまり体力的な問題でゴミを分別するのが厳しい方もいるのも、ゴミ屋敷やゴミ部屋が生まれる背景として考えられます。
 

身体的な問題でゴミを溜めてしまう

ケガや病気で自分だけではゴミを処理できないのもゴミ部屋が生まれてしまう理由に含まれます。
介助者が身近にいない状態だと大きなゴミや大量のゴミを清掃しづらいため、本人の意思に反して掃除や片付けが出来ない場合もありますが、ゴミが溜まった風景に慣れてしまうと、片付けを諦めてしまいやすくなるでしょう。
特に高齢者ですと掃除、片付けが出来ても腰痛や手足の痛みで捨てに行くのが厳しい、認知症が影響してゴミを出す曜日を忘れてしまうといった可能性も考えられるのです。
 

ゴミ(物)を捨てるのがもったいない

こちらも高齢者に顕著な例ですが、すでに使い終わった物やゴミを掃除せず、「いずれ何かに使えるかも」と思って片付けをしないことも、ゴミ部屋を生む理由に含まれます。
今はどんな物であれ簡単に手に入る時代ですが、日用品や消耗品も貴重だった時代で育った世代ですと、物への執着心が強いあまり、ゴミであっても清掃をしないで溜めてしまう場合があるわけです。

 

ゴミ屋敷を掃除しないと起きる問題とは?


近年ゴミ屋敷は社会問題としても取り上げられています。
掃除がされない空間は住人の身体への影響だけでなく、周辺の環境にも悪影響を及ぼします。
掃除や片付けを一切行わずにいると、ゴミ屋敷がどのような問題を引き起こしてしまうのか?
以下ではゴミ屋敷、ゴミ部屋で起こる問題をひとつずつ紹介してます。
 

病気の原因になるおそれがある

ゴミ屋敷、ゴミ部屋の中で生活を続けていると害虫や雑菌が繁殖し、病気になるおそれがあります。
呼吸器や皮膚への影響により、アレルギーや喘息の原因になり、最悪命にかかわるおそれもあるのです。
 

火災が起きる可能性がある

ゴミ屋敷はタバコがゴミに燃え移ったり、トラッキング火災と呼ばれるコンセント部分の電気とホコリの摩擦によって生じる火災が起きる可能性があります。
 

悪臭問題

ゴミ屋敷やゴミ部屋の周辺環境へ悪影響を及ぼしている一番の問題が、悪臭問題といえるでしょう。
物に囲まれている状態だと自分では気づきにくいかもしれませんが、飲食物のゴミや洗濯していない衣服などが溜まっていると強烈な臭いを放ってしまいます。
また、メディアでも取り上げられるゴミ屋敷やゴミ部屋のなかには、ペットの多頭飼いをしているケースもあり、掃除しきれない動物の汚物が悪臭問題を引き起こすこともあるのです。
 

近隣住民からの苦情やトラブル

悪臭やゴミが外まで溢れてしまっている場合、近隣住民から苦情が入ることがあります。
ゴミ部屋は自分だけの問題と捉える人も少なくありませんが、掃除を怠ったことで他人の敷地内にゴミが出てしまう、近隣住民や通行人に悪臭を放つなどの問題が出て、日常的に多数の苦情を向けられる可能性もあるでしょう。
 

孤独死

孤独死は近年ゴミ屋敷で発生しているケースが多いのです。
上記でご紹介したような問題により、病気になっても誰にも気づかれない、悪臭により死後すぐに気づかれない、近隣住民ともコミュニケーションが取れず孤立してしまうなどが原因です。
高齢化社会が進むにつれ、より増えていくことが予想されます。
 

ゴミ屋敷の掃除・片付けを一人でするのは難しい

ゴミ屋敷に頭を抱える女性
多少のゴミを掃除・片付けをすることはそう難しくないでしょうが、ゴミ屋敷となってしまった住宅を一人だけで片付けるのは厳しいでしょう。
「塵も積もれば山となる」と言われるだけあって、小さなゴミも積み重なれば重くなってしまうので、肉体的・精神的な負担がかなり大きくなってしまいます。
ゴミ屋敷やゴミ部屋を掃除するのが億劫になったり嫌になる要因は、こうした物量の問題も関わっているのです。
食べ物のトレーなど不衛生なゴミの掃除や片付けだけでなく、テレビをはじめとする重量がある大型のゴミは、運ぶのも難しいですし掃除の段階でケガをしてしまう可能性もあるでしょう。
大量のゴミは市のゴミ回収では到底間に合わないため、車やトラックに積み込んで業者に引き取ってもらう手段もあります。
ですが、専用の業者のもとにゴミを運んでいくにしても準備や移動で時間がかかってしまうのも、ゴミ部屋を掃除するうえでの壁になるでしょう。
また、一通りのゴミを掃除できたとしても、長年の溜め込みで床や壁に染み・汚れが付いてしまい、それを落とすためにも時間をかける必要があるので、一人だけでゴミ屋敷やゴミ部屋を何とかするのはハードルが高いと言えます。
 

ゴミ屋敷の掃除・片付けをしたい場合どうする?


ゴミ屋敷の掃除・片付けをしたい場合は「自力で行う」「誰かに手伝ってもらう」「業者に依頼する」のどれかになるでしょう。
 

自力で行う、誰かに手伝ってもらう場合

ゴミ屋敷の掃除を自力や誰かに手伝ってもらう場合には、まず掃除道具の用意ととにかく物を捨てることです。
必要最低限以外の物は全て捨てるくらいの覚悟がないと難しいでしょう。
掃除道具は掃除機、ほうき、ゴミ袋、軍手、マスク、雑巾、洗剤、除菌スプレー、殺虫剤、新聞紙、ガムテープ、紐やゴミ処理場などにゴミを持っていく必要がある場合は軽トラ・トラックなども必要になります。
近隣のゴミ集積所に捨てる場合は、ゴミ回収のスケジュールをチェックしておくことと、住民の方に迷惑がかからないようにしましょう。
 

業者に依頼する場合

ゴミ屋敷の清掃や片付けを専門に行っている業者があります。
ワンルームや1部屋だけがゴミ部屋となっているような場合には自力でも可能かと思いますが、ゴミ屋敷のような家全体がゴミで埋まっているような場合にはプロの業者に依頼するのが良いでしょう。
 

ゴミ屋敷・ゴミ部屋の清掃は業者への依頼がおすすめ


先ほどもお話ししましたが、大量のゴミを処理するのは時間がかかるだけでなく、体力的・精神的な負担が非常に大きいものです。
思い出の品を含むゴミを清掃するのが心苦しいと感じる人もいるでしょうし、腐敗したゴミを触るのが嫌で掃除や片付けを投げ出す可能性も否定できません。
なので、もしもゴミ屋敷やゴミ部屋の清掃を終わらせたいと強く願う場合は、清掃を請け負ってくれる業者に依頼しましょう。
掃除や片付けを代行してくれる業者ならば、複数のプロが短い期間でゴミや汚れを徹底的に排除してくれますし、ゴミが溜まらないようにしっかりとアドバイスを送ってくれます。
また、業者によっても清掃に関する費用はピンキリなので、業者に依頼しようか悩んでいるなら多数の業者から見積もりをもらって吟味するべきです。
ゴミ問題は自分だけでなく周囲の環境にも迷惑をかけてしまうものなので、どうにかしたいと考えるなら今すぐ業者に相談しましょう。
 

業者に依頼すれば片付けに時間がかからない

部屋に大量にあふれるゴミを自分や家族、友人とともに何とかしようと考えていても、ゴミは処分方法がバラバラで完全に撤去するには時間がかかってしまいます。
燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミを一度の機会で処分しようにも、市が引き取ってくれる曜日を待たなければなりませんし、数kg~数十kgに及ぶ量であれば片付け自体も難儀でしょう。
それに、大小さまざまなゴミを処分することに慣れていない一般の方ですと、不衛生な環境で生じた床や壁の汚れの除去に手間取るでしょうし、腐敗した部分の対処もままならないはずです。
しかし、業者に依頼すれば独自で片付けを行うよりも、効率良く時間を短縮して問題を解決してくれます。

ゴミの規模に応じて、設備や人数を十分に用意したうえで対応してくれるうえに、清掃のプロが普通の掃除では解決できない汚れの除去も行ってくれるのです。
掃除にかかる日数は家の状態やゴミの種類に影響しますが、それでも最短で半日~1日程度で片付けを終えてくれます。
また、ただ片付けをするだけではなく薬剤を使用して徹底的な除菌・抗菌を施す、目立つ汚れを塗り替えて清潔度を向上させるなど、住みやすい住環境に整えてくれるでしょう。
自分たちだけでは片付けや掃除がどうにもならないとお困りであれば、早急に相談することを強くおすすめします。
 

清掃・片付け専門の業者は評判で選ぶといい

五つ星の評価
業者に依頼すれば、溜まったガラクタや不用品の山を片付けてくれます。
しかし、掃除を行う業者であっても、サービスの質や対応力は清掃会社によって分かれてしまい、適当なところにお願いしたことで失敗してしまう可能性があるわけです。
「不用品を何とかしたい!」と考えている方にとっては、清掃・片付けを専門とする会社は頼みの綱。
ただ、いい加減なところですとヒアリングの際に嫌な思いをしたり、作業当日で不用品と大切な品を一緒に処分したりなどのトラブルが発生しかねません。
以下では、作業の間で起こりやすい問題をポイントに分けて紹介していきましょう。
 

清掃による騒音や薬剤の強烈な臭い

片付けの規模にもよりますが、大量のゴミを片付けるときは何も事情を知らない近隣住民の理解を得るために、事前に周辺に告知をして近所に配慮した作業を行います。
ですが、評判が悪い会社の場合はこういった連絡が滞る可能性があり、騒音で隣人に迷惑をかけてしまったり、強力な薬剤を使うときに薬品臭の対処が不十分だったりします。
せっかくゴミを掃除して清潔感のある環境になっても、対応がいい加減なせいでご近所トラブルに発展して住みづらくなる可能性もあるのです。
 

情報の伝達が不十分

部屋を埋める不用品を掃除したい方でも、部屋の中には思い出の品や記念品、手放したくない家財が含まれているはずです。
ただ、掃除を行う側は家主が大事にしている品々の存在を知らないので、作業を始める前は、事前に「何を処分するべきか」を知っておく必要があります。
しかし、ヒアリングをしっかりしておらず、情報が十分に各位に伝わっていないと、不用品と一緒に大切な物を片付けられてしまう恐れがあるでしょう。
昔の写真や家族の遺品など、決してお金に換えられない物であっても、処分して後々トラブルになる場合があるので、気になる会社の評判を確かめておくことをおすすめします。
 

清掃業者の作業が雑

片付けの手段や手順は業者ごとで違うものの、部屋を掃除してゴミを処分するだけが清掃業者の仕事ではありません。
山積した目の前の問題を片付け、依頼者がその後も不用品に悩まされず安心安全な住環境で生活できるように、汚れの除去やアフターケアを行うのも作業に含まれます。
ですが、評判がイマイチな業者の場合は片付けの際に物を壁にぶつけて破損してしまう、目立つ染みやカビ、ヌメリを放置してしまうなど、怠慢な姿勢で二次的な問題を引き起こすケースも無きにしもあらず。
 

料金トラブルの発生

不用品の処分以外で余計な問題を起こしたくないものですが、掃除を依頼するときに一番発生しやすいのが“料金トラブル”です。
自分ではサービスがしっかりしている場所を選んだつもりでも、依頼の段階で見積もりが不明瞭だったり、作業が進む段階で高額な追加費用を請求されるなど、後々になって対応を変えてくる会社も存在します。
 

おすすめの清掃・片付け業者の選び方とは?

どんな会社に部屋の掃除を依頼するべきなのか、選択に悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。
「家全体の掃除を行って気持ちの良い再スタートを切りたい」「出張でお世話になった部屋だけど綺麗な状態にしたい」。
そんなご希望を叶えてくれる業者・会社は、以下のポイントを参考にして選ぶことをおすすめします。
 

豊富な実績を掲載している会社

掃除を専門とする会社は自社HPを用意しているもので、サイトを覗けばどんな強みがある会社なのか、どんな実績を持っているかが分かります。
過去の案件で作業にかかった時間が短いほうであれば、時間をかけずに掃除をしてくれる会社だと判断できますし、実績の多さは安心感にもつながります。
 

掃除以外のサービスが充実している

清掃業者も引越し会社のようにさまざまなサービス、プランを用意しています。
たとえば、トラックの積み込みでかかる追加費用が無料になるプラン、処分予定の不用品で問題なく使用できる物を買い取りしてくれるプランなど色々あるのです。
会社によって違いはありますが、お得なサービスを使える場所を選ぶといいでしょう。
 

依頼者の秘密を守ってくれる

「部屋に溜まった不用品を周囲に気づかれず処分したい」とお考えなら、個人情報の漏洩に気を払ってくれる会社に依頼するべきです。
秘密をしっかり守ってくれる会社だと、持ち運びで使用するダンボールも持ち主が分からないよう加工済み、袋も不透明で中身が見えないタイプを使ってくれるため、安心して依頼できるでしょう。
 

ゴミ屋敷・ゴミ部屋の清掃・片付け業者【クリーンマイスター】


【クリーンマイスター】はゴミ屋敷・ゴミ部屋などの清掃・片付け業者です。
・急な仕事の転勤でゴミ屋敷状態のお部屋を明け渡さなければならない
・離れて暮らしていた家族が他界し、住居に訪れてみたらゴミ屋敷状態になっていた
・整理整頓ができず、気が付いたら汚部屋状態になっていた
・掃除業者が多すぎて選べない
・以前業者選びに失敗した
などなどゴミ屋敷・ゴミ部屋の清掃・片付けでお困りの時は、【クリーンマイスター】へご相談ください!
【クリーンマイスター】の清掃スタッフはすべて正規雇用者です。

【クリーンマイスター】は365日24時間無料でお見積り・ご相談承ります!
まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5776-3748
> https://clean-meister.jp/gomi_seisou/

 

まとめ

ゴミ屋敷が引き起こす問題やゴミ屋敷の掃除・片付ける方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ゴミ屋敷は社会問題にもなり、身体への影響だけでなく、周辺への環境にも悪影響を及ぼします。
ゴミ屋敷での孤独死も増えており、今後ますます対策が必要となるでしょう。
【クリーンマイスター】ではゴミ屋敷の清掃以外にも「遺品整理」「特殊清掃」「生前整理」「光触媒コーティング」などのご依頼も承っております。
このようなことでお困りの時はぜひご相談ください!