特掃屋クリーンマイスター(株式会社Cleaners(クリーナーズ))

特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))0120-123-099
特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))お問い合わせ
お問い合わせ

コラム

遺品整理の依頼を業者にお考えの方へ

遺品整理中のスタッフ
大切な家族や親族が亡くなってしまった際に「遺品整理」を行わなければならないことがあります。
人生のなかで遺品整理を行う機会はそうあるものではありません。
遺品整理という言葉は聞いたことがあっても、実際どうしたら良いか分からない方は少なくないはずです。
遺品整理は通常残された遺族の方が整理しますが、自分で遺品整理を行うのが困難な場合は、業者に依頼をすることができます。
今回は遺品整理を行う時期やプロの遺品整理業者に依頼する場合についてご紹介します。

 

そもそも遺品整理とは?


「遺品整理」とは遺品(故人が残した品)を整理することをいいます。
「遺品処理」や「遺品処分」とも呼ばれます。
遺品整理は遺品をすべて処分してお部屋をきれいにするだけでなく、故人との想い出を忍びながら、処分するものと残しておくものの仕分けを行うことでもあります。
遺品整理を行っている間は、寂しさを感じてしまうことと思いますが、故人の私物を丁寧に仕分け、片付けていくことで、気持ちの整理にもつながります。

 

遺品整理を行う時期はいつから?

まず、遺品整理を行うタイミングですが、正しい時期というのは決められていません。
すぐに遺品整理を行う方もいれば、半年後に行う方などさまざまです。
気持ちの整理をつけ、遺族の方が望むタイミングで遺品整理を行うことが大切です。

遺品整理を行う時期の目安

遺品整理を行うおおまかな時期の目安ですが、区切りの良い四十九日や百日法要の後、親族が一同に集まる一周忌などのタイミングで行う場合が一般的には多いといえます。
自分1人で遺品整理を行ってしまうとトラブルになるケースもあります。
親族の方が揃って話し合いながら行うことをおすすめします。
1日ですべて終わらせるのが難しい場合は遺品の分配や財産分与だけ決めておくと良いでしょう。

遺品整理をすぐに行う場合も

故人が賃貸物件を契約していた場合、家賃の発生やお部屋の撤去・明け渡しの関係などですぐに遺品整理を行う場合もあります。
賃貸物件の場合には当月末、翌月末までの契約とし、急ぎで遺品整理を行う方もいらっしゃいます。
または、四十九日のタイミングで遺品整理を行い、その後で賃貸契約を終了させるという方も多くいらっしゃいます。

 

遺品整理の方法

遺品整理
遺品整理の方法には主に以下のような2つの方法があります。

  • 自分たちで行う
  • プロの業者に依頼する

遺品整理を自分たちで行う場合には遺品の仕分け、処分、各種手続きまですべて自分たちで行う必要があります。

遺品整理をプロの業者に依頼した場合には、まず遺族の方にヒアリングを行い、お見積りを算出し、実際にお宅に訪問し、遺品整理を行います。
「遺品整理士」という一般社団法人・遺品整理士認定協会の認定資格を持った専門家に依頼することで安心して任せられます。

 

遺品整理を業者に依頼するメリット


遺品整理を自分たちで行うには時間もかかり、体力的にも精神的にも負担がかかります。
少しでも負担減らしたい場合には業者に依頼をすると良いでしょう。
遺品整理を業者に依頼すると以下のようなメリットがあります。

  • 短時間で遺品整理を済ませることができる
  • 大型家具などの運び出しも行ってもらえる
  • 相続や税金などに関する問題も相談ができる
  • 特殊清掃を任せることもできる
  • 同時に遺品の買取をしてもらえる場合もある

短時間で遺品整理を済ませることができる

遺品整理を業者に依頼する最大のメリットは短時間で済ませることができる点にあります。
自分たちで整理を行うと量にもよりますが、相当な時間がかかる場合があります。
業者に依頼した場合には1日で作業を終えることができます。

大型家具・家電などの運び出しも行ってもらえる

遺品の中にはタンスやベッド、冷蔵庫や洗濯機などの大型家具・家電などもたくさんあります。
遺品整理は残すものと処分するものの仕分けを行いますが、自分たちで行った場合にはこれらの運び出しをする必要があります。
業者に依頼した場合には大型家具・家電の運び出しはすべてやってもらうことができます。

相続や税金などに関する問題も相談ができる

遺品の中には、現金や価値の高い品物が含まれることも多いものです。
家や土地、自動車やバイクなどの相続や税金に関連する問題が起きることがあります。
弁護士や税理士などと提携して仲介サービスを行っている業者であれば、まとめて相談することができます。

遺品の買取に対応している業者もある

遺品整理業者は不用品回収だけでなく、遺品の買取に対応している業者もあります。
自分たちで遺品整理を行うと、骨董品の価値が分からずに捨ててしまったなんていうこともあります。

特殊清掃を任せることもできる

場合によっては遺品整理と同時に特殊清掃が必要なケースもあります。
自殺や殺人、孤独死などによる場合には特殊清掃を要します。
特殊清掃と遺品整理はセットで行っている業者も多く、まとめて依頼することができます。

 

遺品整理を業者に依頼した方が良い場合

遺品整理を業者に依頼するメリットをご紹介してきましたが、以下のような場合では業者に依頼することをおすすめします。

  • 急ぎで遺品整理を行いたい
  • 整理を行える方が少なかったり、高齢者や女性が多い
  • 整理を行えるメンタルが無い
  • 遠方に住んでいて行くことが難しかったり、親族が来れない
  • 遺品の量が多すぎる
  • 手続きの方法などが分からない
  • 特殊清掃が必要

故人と離れて暮らしていた遺族にとって、遺品整理は体力的にも精神的にも大きな負担が掛かります。
そんな時、遠方の遺品整理を業者に任せることができます。
また、遺品の仕分けは自分たちで行いたいという方も多く、仕分けのみを自分たちで行い、不用品の処分や運び出しなどを業者に依頼するということも可能なので、そういった場合も一度業者に相談してみると良いでしょう。

 

東京の遺品整理業者【クリーンマイスター】


【クリーンマイスター】は東京都港区麻布十番に本社を構え「遺品整理」「特殊清掃」サービスなどを行っています。
【クリーンマイスター】では適正な作業はもちろんのこと、お客様の目線になって「心の通ったお手伝い」をさせていただくことで、故人にもご遺族にも想いが届くようにと日々作業を行っております。
事前にお見積りをさせていただき、ご納得いただいた上でお申込みいただけます。
【クリーンマイスター】は365日24時間無料でお見積り・ご相談承ります。
まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5776-3748

対応エリア

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 静岡県

※サービスエリア内であれば、移動にかかる出張費や駐車料金は一切頂きません。

>>【クリーンマイスター】の遺品整理サービス紹介はこちらから

 

まとめ

「遺品整理」は故人の私物を丁寧に仕分け、片付けていくことで、気持ちの整理にもつながります。
遺品整理の方法には自分たちで行う方法と業者に依頼する方法があります。
もちろん遺品整理を他人に任せたくないと考える方も多くいらっしゃるかと思います。
しかし、短時間で行いたい場合や遺族の方が高齢者や女性である場合、自分たちで行うのは困難な場合もあるかと思います。
そういった場合には業者への依頼がおすすめです。
【クリーンマイスター】では「遺品整理」「特殊清掃」サービスなどを行っており、お客様のお気持ちの整理までお手伝いしたいと考えております。
まずはお気軽にお問い合わせください。