特掃屋クリーンマイスター(株式会社Cleaners(クリーナーズ))

特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))0120-213-813
特掃屋クリーンマイスターへ(株式会社Cleaners(クリーナーズ))お問い合わせ
お問い合わせ

コラム

ゴミ屋敷からの引っ越しはどうする?スムーズな手順と注意点について

ゴミ屋敷
ゴミ屋敷から引っ越したいと考えても、「現状何から手を付ければ良いのか分からない…」という方も多くいらっしゃると思います。

結論、ゴミ屋敷清掃の専門業者に依頼してから、引っ越し業者を手配することでスムーズ且つ損しない引っ越しを行うことが可能です。

不用品回収業者、回収オプション付きの引っ越しプラン等もありますが、ゴミ屋敷レベルでは断られてしまったり、家電や家具だけを対象としているケースも。

本記事では、ゴミ屋敷から引っ越すにあたって、「スムーズ&損しない引っ越し」を行うための知識をご紹介していきます。

【本記事を読んでわかること】

  • ゴミ屋敷から引っ越すための流れ
  • 損しない引っ越し方

 

ゴミ屋敷化した家は引越し業者から「断られる」ことも

ゴミ屋敷の見積もりを取る男性
ゴミ屋敷化してしまった家の引っ越し依頼は、基本的に引っ越し業者側から「お断り」されます。

引越し業者は一軒当たりの時間や人数を試算した上で見積もりし、1日に複数件の受注を行うため、ゴミ屋敷などの時間が掛かる家は受けてもらえません。

訪問見積もりを行っていない場合、当日キャンセルになってしまい、新居に引っ越せずその期間中の費用が無駄になるので、安心して引っ越しが行える環境になってから、引っ越し業者を手配しましょう。
 

引越し業者と清掃業者を別々で頼むメリットとは?

結論、人件費の観点から別々に依頼する方が「安くなる」可能性が高い上に、それぞれ専門業者のため安心して依頼できます。

引越し業者も清掃業者も、1日複数案件こなして利益を得ていくモデルですが「ゴミ屋敷清掃と引越し作業では必要な人数が異なる」という点を考慮しなくてはいけません。

引越し業者は「段ボールで梱包されたものを持ち運ぶ」など、作業範囲が限定的なので、少人数で効率よく行います。

一方、清掃業者は、不用品と有用品が混在しているので仕分けが必要な他、大型家具の解体処分から運搬等、作業員が多めに確保して効率よく作業を行います。

結果として、引っ越しとゴミ屋敷清掃をセットで行う企業は「効率よく受注するモデル」ではなく、「1件毎のオーダーメイド」のプランになるので、作業費が膨らみがちになるのです。
 

ゴミ屋敷の片付けを清掃専門業者に依頼すべき理由

大量のゴミが入ったゴミ袋
ゴミ屋敷の片付けには、不用品回収や清掃専門・遺品整理・便利屋等の様々な業態がありますが、最もオススメしたいのは「清掃専門業者」による片付け・清掃サービスです。

結論、清掃専業者に依頼することで余計な費用や貸主さんとのトラブルを防止できる可能性が高くなるのです。

「物件から引っ越して新居へ移る」ということは、「旧居にも新しい方が後々入居する」ことになります。

つまり、新しく旧居を人に貸し出せる環境にしなくてはいけない以上、「ゴミを片付けて終わり」ではありません。

汚れの跡や腐食、ニオイといったゴミ屋敷が抱える問題を放置すると、貸主さんから多額の原状回復費用が請求されることも。

この原状回復費用ですが、基本的に貸主さん側が業者を手配し、預けた敷金で足りない分は請求されることになります。

しかし、貸主さん側が費用負担しないことから、高額な見積もりをそのまま提示されるケースもあり、大きなトラブルに発展しかねません。

原状回復等も考慮すると、特殊清掃にも対応するプロの清掃業者に依頼し、事前に綺麗にしておくことで、費用を抑えられる可能性があるのです。
 

ゴミ屋敷の引っ越しをスムーズに行う手順

ゴミ屋敷からスムーズに引越すには、下記流れで行うのがベストです。

【ゴミ屋敷からの引っ越し手順】

  1. 清掃業者に依頼して家を片付ける
  2. 引っ越しの荷物を梱包する
  3. 引っ越し業者を選定する
  4. 引っ越し業者に依頼して引越す

各手順を簡単に説明します。

1.ゴミ屋敷の清掃依頼

まずは、清掃業者にゴミ屋敷の清掃を依頼しましょう。

この時に、必ず事前の訪問見積もりを依頼し、予め「本見積」を貰うことが大切です。
作業後の請求では相手の言い値になってしまい、トラブルに発展する可能性もあります。

「どこまでの範囲」を「どのように清掃」するのか、料金と清掃サービスの範囲を聞いた上で依頼します。

2.引っ越し荷物の梱包と準備

清掃が完了次第、引っ越し作業の準備に移ります。

ここで大切なのは、事前に「荷物を自分たちで梱包」することです。
理由は、荷物の量を段ボールサイズと数量で伝えることで、無駄のない手配が可能になります。

また、梱包パック等の別途オプション料金が掛からないため、結果として費用をグッと抑えることが可能です。
(梱包パックは、段ボールの手配から人件費まで様々なコストが加算されます。)

3.引っ越し業者を選定する

荷造り後は、引っ越し業者の依頼に向けて選定作業に移ります。

引越しの一括査定サイト等で、段ボールサイズと数量・目安の荷物量を伝えた上で査定依頼し、自分に最も合うプランを提示してきた業者を選びましょう。

この時注意点として、一括査定で最も高い業者と安い業者の金額が大幅に乖離している場合は気を付けましょう。

必要人員とトラック、作業時間で目安の金額が算出されるので、あまりにも金額が安すぎる場合は無理矢理なスケジュール人件費を抑えていたりと、避けた方が無難な場合があります。

4.引っ越し業者に依頼して引っ越す

最後は、当日に引っ越し業者に荷造りした荷物を運び出して貰い、最後に自分たちで軽く清掃して引っ越し完了です。

原状復帰費用の請求が考えられる場合は、退去時の家の状況を写真で撮影しておき、後から請求書が届いた際に照らし合わせが出来る状態にしておくと、トラブルを予防できます。

新居に入る際にも、家の状態写真を一通り撮影しておくようにしましょう。
 

まとめ

ゴミ屋敷からの引っ越しは単純に「ゴミを片付けて終わり」ではありません。

原状回復費用を考慮して、事前に清掃専門業者にるハウスクリーニングと片付けを行っておくとトラブルを回避できます。

また、必要な作業員数が異なる点から、引っ越し業者と清掃業者は別々に手配すると費用感を抑えることが出来るでしょう。

ゴミ屋敷の清掃依頼なら、【特掃屋クリーンマイスター】にお任せください!

訪問見積もりの際にご提示する「本見積」後は、別途費用の請求は致しません!
(※当日、オプションで追加作業をご依頼された場合は別途必要です)

【特掃屋クリーンマイスター】はゴミ屋敷の清掃以外にも「特殊清掃」「遺品整理」「生前整理」「光触媒コーティング」などのご依頼も承っております。

365日・24時間お見積り・ご相談承っておりますので、まずがお問い合わせください。